· 

フリー音源を導入してみよう!(初心者向け)

この記事はDTM初心者向けの記事です(記事を書いている私も初心者です)。

今回フリー音源を初めて導入したので、その過程を書きました。

 

DTMソフト内蔵の音源を使っていて、

何だか響きが物足りない、だけど、どうすれば良いのか分からない…、

と思った方の参考になれば嬉しいです。

 

 

①まえがき「なぜ、フリー音源を選ぶのか?」

とにかくDTMにはお金がかかります。

ボカロを増やしたり、楽器の専用音源を揃えたり…などしていると、

物凄い金額になります(気になる人は調べてみよう!)。

 

まず、無料で色々試してから、リッチにしたい音源にお金をかける、

といった過程を辿れば、誰でも気軽にDTMを楽しめると思うからです。

 

ただし、フリー音源は無料で利用できますが、

やはり有料版と比べると物足りない部分があるので、そこだけは注意しましょう。

 

 

②フリー音源を探そう!

探し方は簡単。検索エンジンで「○○(欲しい楽器)音源 フリー」と打ち込み、

検索結果に出てきた情報を見ながら、良さそうなものを探します。

なるべく色々なサイトを巡って、評価が高いものを選んだ方が良いでしょう。

今回、私が選んだフリーのピアノ音源は、

 

yohng.com「4Front Piano」

 

(http://www.yohng.com/software/piano.html)

 

色々な方がレビューを書いているので、

気になる方は、「4Front Piano」で検索してみて下さい。

「4Front Piano」の良いところは、

導入が物凄く簡単で、使い方も簡単なことです。

容量少なめなのでダウンロード時間も短く、zipファイルなので解凍にも手間がかかりません。

 

 

③フリー音源を導入しよう!

「4Front Piano」は赤い四角のところからダウンロードできます。

Win版かMac版を選ぶ形式になっています。

 

 

ダウンロードが終わったら、zipファイルを解凍して下さい。

中身はdllファイル2個とreadme(説明書)です。

音源は、基本的にdllファイルをVSTプラグインと同じ階層に入れれば機能します。

 

1. DTMソフトのVSTプラグインフォルダ(赤囲み)

2. 1.の中身。赤囲み外のdllファイルは初期音源。

 


今回は色々面倒だったので、全3ファイルをそのまま置きました(2. の赤い四角で囲った部分)。

これで準備は完了!

 

「4Front Piano」の導入は簡単ですが、もっと複雑なものもあるので、

ダウンロード元のホームページや、readmeをよく読んでセッティングしましょう。

 

 

④実際に使ってみよう!

実際の使い方ですが、私は「Singer Song Writer Lite 7」を使っているので、その画面で説明します。

他のソフトでも似たような感じだと思うので、参考程度に見てもらえれば幸いです。

例で使うファイルは、私が以前作ったこちらの曲のものです。

 

 

この曲を作っているとき、ピアノの音をもう少し良くしたいと思ったものでした。

今回はこちらのピアノの音を差し替えます。

 

1. VSTインストゥルメントを開く(赤矢印)

2. 赤矢印の部分をクリック

 


3. 今回導入した「4Front Piano」をクリック

4. 音源「4Front Piano」セット完了!

 


5. EDの横の四角をクリック→音色のパラメーター調整

  (「4Front Piano」は調整不可)

6. 赤矢印の部分をクリック


7. 「4Front Piano(1)」をクリック

8. 伴奏パート全てに「4Front Piano」を適用

 


9. スコアエディタを開く(赤矢印)

10. 伴奏パートのTone解除(上段赤矢印)

 


この過程をクリアすればセットした音源の音が鳴ります!

 

 

比較 合唱曲「虹」 歌:Rana・GUMI・音街ウナ

ニコ動公開版:DTMソフト内蔵音源(SSWGMS)

 

今回公開:ピアノ音源(4Front Piano)差し替え

※伴奏だけ差し替えました。ボーカルはいじってません。

 

音源が変わると、曲の雰囲気が違ってくることが分かると思います。

普段、私は合唱曲を作ることが多いので、

ピアノの音にもう少しこだわってもいいのかなと思いました。

私がピアノ音源を購入する日も近いのかもしれません。

 

 

興味があったらこちらもどうぞ↓

私のニコ動マイリストです。

合唱曲を始めとしたピアノ曲を中心に、ボーカロイド(Rana・GUMI・ウナ)に歌ってもらっています。